輸入品だから味が落ちるなどといったことはありません。蟹にも色々ありますが

輸入品だから味が落ちるなどといったことはありません。蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたことがありますか?ガザミという和名でも知られる、横に大きい形をした蟹で、かつては東京湾でも獲れたそうです。現在では有明海や瀬戸内海などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、身肉や蟹ミソに加え、秋から冬にかけてはメスの卵巣も美味として知られ、食材としての目的で昔から多く漁獲され、日本各地に有名な漁場があります。昔から、渡り蟹といえば、茹で蟹や蒸し蟹にするスタイルが最もスタンダードだといえます。さらに、味噌汁の具や、パスタにも使われる、用途の広い食材といえます。美味しいカニを食べるには、店頭あるいは通販で入手する方法のほか、温泉に行き、現地で食べるという奥の手があります。絶品の蟹がウリの温泉地もあるからです。蟹が獲れる場所からほど近いところにある温泉地であれば、行く時期によっては蟹、そして温泉、両方が贅沢に味わえると思います。ただ注意すべきことは、温泉であればシーズンは関係ありませんが、美味しい蟹は常に食べられるというというわけではないので旬に合わせて行くようにしましょう。新鮮なかにが手に入る時期になると皆さん、かにを食べたくなりますよね。寒くなってから、熱燗でかに鍋を食べると最高に幸せな味です。もし、鍋を作るときに一手間かけられるなら、近所のスーパーからかにを買うのではなく、市場から直接手に入れると鍋はさらにおいしくなるはずです。あるいは、通販で産地から直接買うのもおいしい鍋への近道です。冬を代表する食べ物にも色々あると思いますが、私の1番はなんと言ってもかにです。かにといえばここと誰もが知る名産地の漁港から、クール便で届けば安心ですね。通販のかには種類が多く何をポイントに選べばいいのかわかりませんが、悩みがちなかに好きのあなたにだけ、内緒で教えてあげます。要点は次のようなものです。1番目は当たり前といっては当たり前ですが、産地を措いては他にないでしょう。産地によっては同じ種類のかにでも呼び名が違ったりしますが、名産地であれば、獲れたてのおいしいものが手に入ることは確かです。2つ目のポイントが、なるべく複数の業者を介さずに直接送ってもらうことです。鮮度が断然違ってきます。最終的には、インターネットを活用して口コミを始めとする参考になりそうなサイトを一回りすれば、よいお店にめぐり合える確率は高いはずです。
続きはこちら⇒カニ 年末年始